私のおすすめ本 長英逃亡(吉村昭著)


歴史小説と言えば、司馬遼太郎が有名

私も最初は司馬遼太郎から読み始めて

司馬遼太郎に飽きてしばらく歴史小説を読まなくなった


吉村昭を知ったのは

十数年前に網走刑務所に行って

網走刑務所の脱獄を題材にした「破獄」と読んだのがきっかけ




一般的にはあまり馴染みのない作家

司馬遼太郎が大衆小説なら、吉村昭はノンフィクションに近い本をかく

徹底した取材で当時の文献や郷土史の取材はあたりまえで

町人の日記をよんで天候までも調べていたそうである




あと、主人公があまり注目されない人物や物が多いのも特徴


「ポーツマスの旗」ではポーツマス条約の小村寿太郎

「冬の鷹」では解体新書の制作を書いたものだが主人公は杉田玄白ではなく前野良沢

戦艦といえば大和だが、彼は戦艦武蔵を描くなど


教科書ではちょっと書いてあるが多くはクローズアップされない人ばかり

でも、その主人公が皆、魅力的である



今回は江戸末期の蘭学者 高野長英を書いた本


長英逃亡


長英逃亡

あらすじ

” シーボルトの弟子として当代一の蘭学者と謳われた高野長英は、幕府の鎖国政策を批判して終身禁固の身となる。小伝馬町の牢屋に囚われて五年、前途に希望を見いだせない長英は、牢名主の立場を利用し、牢外の下男を使って獄舎に放火させ脱獄をはかる。江戸市中に潜伏した長英は、弟子の許などを転々として脱出の機会をうかがうが、幕府は威信をかけた凄まじい追跡をはじめる ”

アマゾンから抜粋


この本は単なる、歴史小説で終わらない高野長英の逃亡劇がみどころ


テレビやネット、写真すらない江戸時代

簡単に逃亡できるとおもいきや

奉行所の捜査網たるもの凄い

町から町へ逃げようとすれば、関所がある

関所では人相を記した御触書(おふれいがき)

無事に関所をすり抜けて村で潜伏しても人の噂でバレ

すぐに、岡っ引きがきてまた逃亡



人と人とのつながりが少なくなった現代の方が

逃げやすいのでないかと思うほど


高野長英を匿(かくま)う人々も助けると死罪になるが

高野長英に恩義をある人が死を覚悟して協力する

高野長英と協力者との熱い友情も見逃せない


高野長英も逃亡するのは保守ではなく

蘭学を通して日本を外国から守るために逃亡する

でも、その想いが自分の身を滅ぼすことになるのだが・・



下手な犯罪小説より、よっぽど面白くハラハラさせられる

歴史が苦手だという人も犯罪小説が好きなら読める本




私のブログをよかったと思った方はクリックしてください!!!


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村










コメント

非公開コメント

プロフィール
FC2プロフ

おじチャリ

Author:おじチャリ
最近、ブログを始めた
ロードバイクとガンバ大阪を
こよなく愛するおじさんです
ロードバイク歴2年 
ガンバ観戦歴5年と浅いですが
色々なおもいをつれづれします

もっと詳しく知りたい方はくクリック!!

SNS
twitter
にほんブログ村 人気ブログランキング
カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カウンター
アルバム
FC2アフィリエイト
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
検索フォーム
リンク
このブログをリンクに追加する
ブログ村ランキング